グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ


千葉敬愛学園 Chiba Keiai Gakuen

ホーム > ニュース&トピックス > 稲毛キャンパスの整備についてのお知らせ

ニュース&トピックス

稲毛キャンパスの整備についてのお知らせ

学校法人千葉敬愛学園(以下「本学園」という。)は、1926年(大正15年)、創始者長戸路政司が千葉市内において関東中学校(現千葉敬愛高等学校)を創立したことに始まり、現在まで地域とともに歩んでまいりましたが、2026年には創立100周年を迎えることとなります。この100周年を本学園の発展に向けた一つの節目として、創立以来本学園の拠点としてきた稲毛キャンパスの整備に取り組む ことといたしました。

現在の本学園は、大学・短期大学・2つの高等学校・幼稚園を擁する県内では最も古い私学の伝統校の一つです。キャンパスも千葉市稲毛区・美浜区、佐倉市、四街道市に展開してきましたが、大学、短期大学、高等学校間の連携強化による教育力の向上やより優れた教育研究環境の整備を図ることを企図して、佐倉市にある千葉敬愛短期大学を大学と高等学校(敬愛学園高等学校)がある稲毛キャンパスに移転することといたしました。千葉敬愛短期大学の稲毛キャンパスへの移転の時期は、2024~2025年度頃を目指しています。

稲毛キャンパスの整備計画では、短期大学移転に伴う新校舎の建築や敬愛学園高等学校の校舎、体育館の整備などを計画しています。
千葉敬愛短期大学の稲毛キャンパスへの移転により、大学、短期大学、高等学校の連携がさらに密なものとなり、<地域とともに歩む総合学園>としての 機能の充実・向上を図ってまいります。

皆様のご理解・ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。