グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ


千葉敬愛学園 Chiba Keiai Gakuen

ホーム > 法人情報 > 理事長の挨拶

法人情報

理事長の挨拶

理事長 三幣 利夫

理事長 三幣 利夫
(平成25年4月1日就任)

  学校法人千葉敬愛学園は、1925年千葉市内において関東中学校(現在の千葉敬愛高等学校)の創立により始まり、大学・短大・高校(2校)・幼稚園を擁する総合学園です。県内では最も古い伝統校の一つに数えられ、創設以来90年に亘り、広く社会で活躍する多くの有為な人材を育成してきました。
  本学園の建学の精神は「敬天愛人」ですが、学園名もこの言葉に由来します。これは、明治の偉人、西郷隆盛の遺訓からとったもので、「天を敬い、人を愛する」と言う言葉には、広く深い意味があります。人は、天地自然の法則に従って行動することが基本であるとの考え方ですが、自己を絶対視せず、他人を思いやる心の大切さを含んでいます。また、教育に関する考え方として、教育する者が、学生・生徒・園児を「敬愛する」という独自の校風が確立されました。
  21世紀に入りグローバル化した情報社会となっても、この建学の精神は揺るがず、自然と人間との共存、価値観の異なる人々との共生が求められる中で、その思想は新たな輝きを増していると言えます。本学園は、「敬天愛人」を不動の教育理念として、どのような時代の変化があっても対応できる能力はもとより、心豊かな思いやりのある人材の養成に努めて行きます。